VOS™ バラスト水処理ソリューション

N.E.I. トリートメントシステムズは、安全で費用対効果と信頼性の高い、型式認証取得のバラスト水処理システム (BWTS) である Venturi Oxygen Stripping™ (VOS™) システムを開発し商品かしました。VOS™ システムは外来水性生物による問題を解決し、船舶のバラストタンクを腐蝕から保護します。

VOS™ は不活性ガスを使用し、船舶のバラストタンクを低酸素状態にします。この低酸素状態により、生存に必要な酸素が植物および動物の水生生物から奪われます。また、低酸素環境により、酸化鉄 (錆) の形成の原因となる酸素の量も制限されることにより、バラストタンクの内部の鋼鉄表面を保護し、バラストタンクコーティングが早期に劣化するのを防止します。

10 秒以内に、N.E.I. の特許取得 VOS™ システムは、船舶にバラストとして取り込まれる自然の水に低酸素不活性ガスを混入し、バラスト水に溶け込んだ酸素の 95% を安全に除去します。蒸発と同じプロセスで、不活性ガスは水に溶けた酸素を取り除きます。

  • VOS™ ストリッピングガス発生装置 (SGG) がオンとなり、 低酸素不活性ガスがベンチュリーインジェクターに供給されます。
  • バラストポンプがオンになると、バラスト水がベンチュリーインジェクターを通過し、インジェクターで SGG からの不活性ガスと混合されます。
  • 不活性ガスによるキャビテーション処理で、水中に非常に細かい泡エマルションが形成されます。
  • 水に溶けた酸素は、液相から気相へと拡散します。

喫水線の下で排水される場合、バラスト水は再び VOS™ ベンチュリーインジェクターを通り、自然環境に戻される前に空気がインジェクターで水に再び溶かされます。水がバラストタンクにあることから、低酸素条件を維持するためタンクは不活性ガスで満たされますが、これには次の 2 つのメリットがあります。

✓   脱酸素水を再びバラストタンクに注入する際、酸素が再び送り込まれることがありません。
✓   バラストタンクのコーティングの寿命が延び、鋼鉄の腐蝕が最大で 84% 減少します。